Fiesta日記
留学先のアメリカからFiestaの日常生活や常日頃思っていることなどを綴ります。あまり文章書くの得意じゃないけど、素のFiestaをお見せします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
long time no see!
かなりおひさだわー、このHP。

今は専らヤプログの方使っちゃってるしね。

別に全然要はないんだけど、久しぶりに更新でもしてみようかなって思ったわけ。

あんまり更新しなさすぎるとなくなっちゃうしね。

今日はBank of Americaに用事があって行って来た。

家からそこまでは割りと近いから私が運転することに。

順調に見えたんだけど、後半後ろが良く見えないのにラインチェンジしちゃって思いっきりクラクションならされてしまいました・・・

お兄さん、本当すいません・・・

クラクションならされると超焦らない?

私はかなり焦った!!!

よって、帰りの運転はリーチーにしてもらいましたとさ・・・

ああ、運転って楽じゃないわねーーー。

いつになったら余裕で運転できるようになるのでしょうか??
スポンサーサイト
お知らせでーす!
引越ししまーす!

えっと、前々から気になっていたプロバイダーさんがあって、そっちに移ることになりました。

そんなわけで、こちらにカモーン!!


↓↓↓↓↓↓↓


http://yaplog.jp/lilcoco/


えっと・・・コピペでお願いします(^_^;)

マジ忙しいよーー。
忙しすぎて目が回りそうです。
ていうかまわっています・・・


今週はテスト2つ、クイズ1つ、ペーパー3つ、パワーポイント1つを終わらせなくてはなりません。


あああーーーーー泣


本当、つらい。。


目眩がしてます。


本気でエスケープしたい気分。


だれか代わってくれーー!!


なんとか生き残れますように・・・



ソーラン節で筋肉痛。
ブレークに入る直前のある日、ソーラン節の曲を変えようという話が出たの。


一応よさこいソーランの方は完成したんだけど、ドラマ金パチ先生でやってたソーラン節の方がかっこいいという案がでたので。


しかも意外に簡単にそのファイルが手に入ったということで、思い切ってそっちに変える事にしました。

で、ブレーク明けに練習を始めたんだけど、こっちはかなり動きがきつい!


でも確かにかっこいいから、絶対にマスターしなくては!!!と燃えてる一方体が
oitsukanai...



踊ってる時は 疲れるけど楽しいなーって感じであっという間に時間が過ぎるんだけど、次の日太ももが筋肉が痛いのなんのって・・・



まぁ、見ててくださいよ。きっと素晴らしいものが出来上がることでしょう!



なんてったってこれからは毎日練習ですもんね。


来週(明日から)一日30分集中して練習することになりました。


半被もうちらで作る方向なので、かなり気合の入った踊りになること間違いなし!!


みんな、がんばろうね!
愛しのマミー・・・?
はいはーい、どうも!Fiestaです。


前々からマミーに頼んでおいた荷物が届きました。


化粧品、化粧水などがメインのはずだったんですが、お菓子がいっぱい入っていたのでラッキー!!


ありがとね、マミーー!






ん???



何これ?



あ~、またかー。






うちのマミーね、何か知らないけどリーチー(私の彼氏)のために下着をプレゼントするんですよーー。


今回もちゃっかり入ってました 笑




これは日本に二人で帰った時のこと。



マミーがうちらを近くのデパートに連れて行ってくれたのね。


下着コーナーに着くやいなや、いきなり


母:「ちょっと、リーチー。最近の日本人の男の子の間ではこういう下着が流行ってるのよ!」

といってボクサーパンツ(トランクスとブリーフが合体したみたいなやつ)を指差してます母。


母:「今どきトランクスなんて流行らないのよ!!」

と自信満々に言って(どこからくるの?この自信?ってくらい自信満々に言ってました・・・)


「お母さんがリーチーのために買ってあげるから!!」といってかなりうれしそうにしてる母・・・


注:母の会話は全て日本語です。英語で話す努力もせずにいつも堂々と日本語でリーチーに話しかけています。



結局ボクサーパンツを何枚か買ってくれたのですが、また何故か送ってくれちゃうお母さん。


つーか、自分の娘の彼氏の下着気にするってどういうこと?私でさえあまり気にしないのに(ーー;)



なんかリーチーと話が合うらしく、私がお風呂とかでいない時には大抵、私の不細工な幼少時代のアルバムも持ち出して二人で大笑いしたり、電子辞書を使って私がいかに間抜けかを語ったりしてました。


まぁ、自分の息子みたいにかわいがってくれるのはありがたいんだけど、ちょっと複雑なFiestaでした。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。